トップ>不動産コラム

リビン 不動産コラム

の不動産コラム

25. 旧耐震と賃貸アパート

古い木造アパート等は耐震性に問題がある場合が多いです。もし地震で倒壊して賃借人が損害を受けた場合、家主(所有者)の責任はどうなるのでしょうか?

阪神・淡路大震災でアパートが倒壊し家主が訴えられ神戸地裁で争ったケースでは家主が敗訴しています。建物に瑕疵ありとされて裁かれているのです。

結局、建物そのものが本来持つ性能や安全性を持っていないということで、瑕疵と認定されたのです。

改正された新耐震基準を持っていないから即、瑕疵物件とはいえないものの、地震の結果、周りは大丈夫なのにその建物だけが壊れるというようなケースは瑕疵物件とされる可能性が大きいです。

やはり旧耐震の建物は、倒壊した場合に賃借人から訴えられる可能性が高いので、早めに補強を行うなど対策をしておいた方が無難であることは間違いないと思います。

 

のコラム前のコラム次

仲介手数料無料 不動産ならリビン