トップ>不動産コラム

リビン 不動産コラム

の不動産コラム

20. 容積率について

最近は下落傾向にありますが、根本的に東京の地価は高いですよね。

なぜ高いのでしょうか?
実は土地がないわけではないのです。使わせていないだけです。

23区内の実際の平均容積利用率はパリの半分以下なのです!!

容積を今の倍に引き上げるだけで(特に容積率を上げなくても未利用を促進させる) 、地価は大きく下げられ快適な住宅が手に入るのです。きっと都市機能も向上することでしょう。容積率の制限は都市への人口集中でインフラ整備に負担がかかることが要因でしたが、今や状況は大きく異なっています。

すでに整備したインフラさえ低利用が目立っています。また旧耐震のマンションも100万戸時代を迎えようとしています。

建て替えには容積率のボーナス等魅力的な策を提供するのが一番なのではないでしょうか。地価を下げ、郊外は良質な一戸建てを整備し、1 戸平均の土地は欧米のように200坪以上を目指すべきだと思います。

都心の地価を安くすればおのずと郊外の土地は安くなるでしょう。地価を安くする観点でなく快適さを向上させれば地価は下がらないと思われます。都市部の人口の増加はエネルギー効率が向上し温暖化防止にもつながります。都市内の移動は自転車でも可能となるのではないでしょうか。

韓国では温暖化対策に大規模な自転車道を建設するプランがあるようです。日本も見習うべきだと思います。

都市機能の集中は生産性向上に大いに寄与するので必要だと言えるのではないでしょうか。

 

のコラム前のコラム次

仲介手数料無料 不動産ならリビン