トップ>不動産コラム

リビン 不動産コラム

の不動産コラム

19. 物件購入の際のポイント

私の不動産業務の経験から、あえてポイントを1点に絞るとズバリこちらです↓

☆物件数を見過ぎないで下さい!

あまりに見すぎますと不動産屋さん以上に物件に詳しくなってしまいます。詳しくなること自体はもちろん悪いことではないのですが、マイナスな意味で目が肥えてしまいます。結果、物件評論家のようになってしまい理想が予算を超えてしまったりします。

ご家族での予算に合った条件整理が出来ていないと陥ってしまいがちです。

あれこれ希望があり、理想が高くて、結果、なかなか結婚出来ない人みたいな感じです。

→そこで約7物件くらいを見て、決めるぐらいのお気持ちをお持ちください。 ぜひ7つくらい見る中で決められる条件整理力とご決断力を養ってください。

不動産はどれひとつ同じものはありませんが、仮に今現在あるご希望に近い物件が12物件あったとしましょう。それを不動産営業のアドバイスを基に机上で精査していくと、実際見に行く物件はおそらく5~8物件程度の数だと思います。

では、例えば3ヵ月後にこれらが全て売れてしまうと、また新たなこれらと同じような12物件がまた出てくるだけなのです。つまり、また同じような12物件の中からの選択という同じ作業があるだけなのです。

結局、掘り出しモノや理想に対し100%の物件はある意味永遠に出てこないのです。

だいたい物件のサイクルは3~4ヶ月周期でまわっていますから、お引越し希望時期もあることでしょうが、基本は今現在存在する物件の中から、ご家族皆様で良くお話合いをし、不動産営業を活用して1つの物件に絞りこみ検討する作業まで持っていきたいものです。

とくに最近の状況を見ると実は新規物件はあまり(ほとんど)出ていません。現在市場を騒がせている物件とはすでに昨年より完成している物件がメインで、それらが驚くべき値引き額によって今になって成約になっているのが現状なのです。

こういった最新の値引き情報や裏情報を、しっかり信頼のできる不動産屋から入手しつつそれも含めて判断材料にして、今ある物件の中でご家族全員が80点以上つけられる物件は「買い」といえるのではないでしょうか?

 

のコラム前のコラム次

仲介手数料無料 不動産ならリビン