トップ>不動産コラム

リビン 不動産コラム

の不動産コラム

14. 坪のお話

1坪とは、「一人が一日に食べるお米の取れる面積」だって知っていましたか?

つまりタタミ2畳分が、一人が一日食べるお米の取れる面積になるのです。

一人が1年で食べるお米の量が1石で、1石の収穫がある田んぼの面積が1反なのです。1石=10斗、1斗=10升、1升=10合ですから、1石では 1000合になるわけですね。

太閤検地で1反は300坪とされたので、1坪あたり取れる米の量は1000合÷300坪=約3.3合、1合は標準的な1食分の分量ですから、ちょうど一日分のお米の量(=3食分の量)になるのです。

100万石というと、100万人の人たちが1年間食べるお米を生産出来る国だということです。

(民明書房刊「なるほどザ・お米」より)

 

のコラム前のコラム次

仲介手数料無料 不動産ならリビン