スタッフ

Q1

なぜ仲介手数料を無料にできるのですか?

A1

一般的な不動産仲介業者は「売主様」と「買主様」の両方から仲介手数料をいただきます。しかし、弊社では「売主様」からのみ仲介手数料をいただきます。営業利益は通常の半分となりますが、ゼロではございません。また、TVコマーシャルやチラシの配布などを原則行わず、他社に比べて広告宣伝費を大きく削減していることも挙げられます。

Q2

営業利益が半分だと、他社よりサービスが悪くなるのでは?

A2

そのようなことは一切ございません。弊社は、常時10名のスタッフが在籍しております。ご案内、物件調査、資金計算、すべて他社に負けない熱意をもって対応させていただきます。大手仲介業者とサービスの差はございません。不動産のプロとして通常業務はもちろん、独自のサービスをさらに充実させようと企業努力を続けております。ちなみに余談ですが、沖縄の美しい海を守るために、営業利益の一部をお客様名義で寄付する「サンゴの移植」にも積極的に取り組んでおります。

Q3

そもそも仲介手数料とはなんですか?

A3

仲介手数料とは、不動産の売買契約において、売主様と買主様のそれぞれが不動産仲介業者に支払う報酬のことをいいます。宅建業法で定められた仲介手数料の上限は「物件購入価格(税抜)×3%+6万円×1.08(消費税)」となります。

例:3000万円の物件を購入した場合
(3000万×3%+6万円)×1.08%=103.68万円
3000万円の住宅を購入する場合、仲介した不動産仲介業者への仲介手数料として、通常は約100万円の費用がかかります。弊社では、お客様からいただくその仲介手数料が無料になります。ただし、売主様から仲介手数料をいただけない物件の場合、仲介手数料をその半額いただきます(上記の例では約50万円となります)。

Q4

無料と半額の違いはなんですか?

A4

さきほどQ3.でご説明した通り、売主様が不動産業者である場合、買主様の仲介手数料は無料になります。新築戸建の約9割がこれに当たります。売主様が販売を不動産業者に依頼している場合、売主様は販売を依頼した業者に仲介手数料を支払うため、弊社の収入はゼロになります。そのため、買主様から仲介手数料を半額だけいただいております。

Q5

価格はすぐ調べてもらえるのですか?

A5

はい。お電話でも確認することができます。ただし、「この値段にならないか?」といった具体的なご質問になりますと、しかるべき手続きが必要になることがございます。価格交渉をする場合、売主様が求めるのが購入の申込みです。それは書面にて行いますが、必ず購入するという法的拘束力はございません。それは架空のお客様のお話で価格交渉をする不動産仲介業者が稀におり、物件の値引きがエスカレートすることを売主様が懸念しているからです。弊社では、ご希望の金額を目標にして申込みますので、その結果で物件を購入するか否かのご判断をいただければと思います。

Q6

ホントに安くなるのですか?

A6

おまかせください。価格交渉は当社が最も力を入れているサービスであり、東京でイチバンだと自負しております。もしお客様からご要望がなかったとしても必ず行います。ただ、売主様のご都合など価格交渉にはデリケートな問題もございます。正直に申し上げると、「この物件は安くなるの?」というご質問には、交渉しないとお答えできません。さきほどQ5.でご説明した通り、法的拘束力のない、購入の申込みをお願いする場合もございます。弊社のこれまでの実績としては、数百万円の値引きに成功したケースも少なくありません。

Q7

諸費用はいくらかかりますか?

A7

物件種別、価格、エリアによって決まります。諸費用は主に税金(印紙税や不動産所得税、固定資産税など)。それから、事務手数料や火災保険料、登記費用などがございます。さらにマンションの場合は、修繕積立金・管理費の清算金なども必要です。それらについて詳しく書かれているホームページがございます。参考までご覧ください。
住宅購入経費.com

Q8

不動産業者によって住宅ローンの金利が異なるのですか?

A8

いいえ。通常、どの不動産業者でも金利に関しては差が出ません。よくご質問いただきますが、大手不動産会社だからといって金利優遇が大きくなることはありません。弊社はお客様のご希望の金融機関で住宅ローンを準備いたします。住宅ローンの借入先金融機関は、一般的に金利の差で選びます。しかし、各金融機関の特色もございますから、弊社からのご説明を十分ご検討していただいた上でご判断ください。弊社は都市銀行、各種地方銀行・信用金庫をご用意させていただいております。その中からお客様にとって、より良い条件でお申込みいただければ幸いです。もちろん、お客様のご希望の各種機関でも構いません。

Q9

営業の人がしつこく家に来たりしませんか?

A9

一切ございません。他の不動産会社でしつこい営業をされ、嫌な思いをされた方もいらっしゃるかもしれません。そんな方こそぜひ弊社にお問い合せください。

Q10

仲介手数料を他の名目で請求されることはありますか?

A10

一切ございません。まれに仲介手数料無料をうたう業者が「契約書作成事務手数料」や「住宅ローン代行手数料」などといった名目で手数料を請求することがあるそうです。お気をつけください。弊社ではそのようなことは一切ございません。仲介手数料無料、もしくは半額のどちらかです。

Q1

リビンのホームページに未登録の物件でも仲介手数料無料になりますか?

A1

はい。条件を満たしていれば無料になります。弊社のホームページに載っている物件はほんの一部にすぎません。検索エンジンを活用していただき、気になる物件がございましたら弊社までご連絡ください。すぐに、仲介手数料無料でご案内できるかどうかお調べいたします。ちなみに、不動産業者など売主様が自社の物件を販売する場合に限り「仲介手数料無料」と宣伝することがございます。しかし、弊社の場合、仲介できるすべての物件が対象であるため、無料にできる物件数そのものが比較にならないほど多いです。

Q2

物件エリアは東京・埼玉(一部を除く)のみですか?

A2

はい。当社で地域性を把握出来ているエリアが、東京都全域・埼玉県(一部を除く)だという理由からです。本来は日本全国の仲介できる物件をすべて対象にすることができますが、不動産は"地域を買う"という意味合いも含まれていますので、その把握ができていない物件を扱うと、お客様にご提案やアドバイスができません。

Q3

見たい物件があるのですが、どうしたらよいですか?

A3

当社にご連絡下さい。内覧の手配をいたします。まずはお気軽にお電話、またはメールをしていただければと思います。
リビン株式会社 0120-009-808

Q4

賃貸は扱っていないのですか?

A4

はい。それは、当社に賃貸の専門家がいないからです。同じ不動産仲介業だとしても売買と賃貸はまったくの別物です。賃貸物件の相場などは把握できますが、それだけではプロとは言えません。お客様のご要望を満たす自信がない以上、賃貸を扱うべきではないと考えております。

Q5

他社に案内してもらった物件ですが、仲介手数料無料になりますか?

A5

無料になります。お客様は、数ある中の不動産仲介業者を自由にお選びいただけます。ただし、ご案内を受けた他社ですでに購入の申込みをされた場合は難しくなります。

Q1

リビンはどこにありますか?

A1

本店ですと、西武池袋線・富士見台駅北口から徒歩3分に位置します。住所は「練馬区貫井1-29-10 富士見台マンション1F」となります。杉並店ですと、西武新宿線・下井草駅(出入口2)から徒歩3分に位置します。住所は「杉並区下井草2‐39‐12」となります。

Q2

リビンには駐車場はありますか?

A2

ございます。

本店

Q3

リビンのお休みの日はいつですか?

A3

毎週水曜日と、隔週火曜日が定休日となっております。しかし、お客様のご都合に合わせて営業することもできます。事前にご連絡いただければ、いつでもご案内させていただきます。

Q4

リビンのスタッフにはどんな人がいますか?

A4

お客様の目線に立ち、親身になるスタッフばかりです。詳しくはホームページにてご紹介させていただいております。各スタッフのブログなどをご覧になってください。

Q5

住宅購入後、住宅や税金についてわからないことはどうすればいいですか?

A5

弊社にお電話下さい。売主様にご連絡させていただいたり、弊社の顧問税理士にご相談させていただくなど迅速に対応をさせていただきます。